×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マーブルコートフライパンの人気の秘密

マーブルコートフライパンは焦げ付かないことで人気です。しかしいろいろな使用上の注意があるのをご存知でしたか。まず温度を高く上げすぎない。調理したものを入れっぱなしにしない。洗ったらすぐに水をふき取るなどです。これはマーブルコートフライパンなど表面にコーティングを施してある調理器具の宿命で、どうしても使っているうちにコーティングは剥がれてきてしまうのです。こればかりはどうしようもありません。どんなに大切に使っていたとしてもマーブルコートフライパンのコーティングは剥がれてしまうものなのです。長く使いたいのであれば鍋、フライパン等調理器具は洗った後キッチンペーパーなどで水分をふき取ってあげましょう。

マーブルコートフライパンとテフロン加工のフライパン

マーブルコートフライパンとテフロン加工のフライパンではどちらがいいのでしょうか。値段はマーブルコートフライパンのほうが高いのでテフロン加工品よりは長持ちして貰わなければ困ります。実際にマーブルコートフライパンとテフロン加工のフライパンを両方使った方の感想ですと、マーブルコートフライパンとテフロン加工のフライパンより2倍は持つという感想があります。マーブルコートは何層ものコーティングを施して耐久性を持たせています。テフロンはフッ素樹脂をコーティングしたものでフッ素樹脂自体が比較的やわらかい素材なので寿命はそれほど長くはありませんが、テフロンでも質の良いものを選べば長く使えます。

マーブルコートとテフロン加工の違い

マーブルコートとはアルミニウム鋳物にマーブルのコーティングが何層も施されており、どんなものでも焦げ付いたりくっついたりすることがありません。この何層かというものがマーブルコートフライパンを購入するときの決め手になります。通常は4層ぐらいですが8層ぐらいのマーブルコートフライパンを購入すれば3年以上はもつのではないでしょうか。ではテフロン加工はどうでしょうか。テフロン加工とは、アメリカのデュポン社のフッ素樹脂のことです。テフロンと表記されていないものは、全て普通のフッ素樹脂です。ティファールもテフロンではありません。普通のフッ素樹脂加工で安物は半年もたない物もあります。テフロンでもランクがあり「テフロン プラチナ」のランクを選べばマーブルコートフライパンにも劣らない耐久性があります。後は価格を見比べてどちらを購入するか決めましょう。

Copyright © 2007 マーブルコートフライパンは本当にいいものなのか